早漏改善薬について

今回は早漏改善とその治療薬のリドカインとタダポックスというお薬についてのお話ですが、その前にセックスにまつわる男性の3大コンプレックスというものをご存知でしょうか。
まず、ペニスのサイズに関するもの。
小さめのペニスにコンプレックスを抱いている男性は多いようで、いわゆる短小と呼ばれるものです。
これに付随して包茎(仮性包茎)という、ペニスのサイズに対して皮が余ってしまっている状態もこのコンプレックスに含まれるのではないでしょうか。
次にインポテンツ(ED・勃起不全)といわれるもの。
これは恐ろしいもので、せっかく目当ての女性と良いムードになり、あとは挿入するだけという段階にきて、ペニスの反応が悪いと自尊心を傷つけるばかりか、「自分には魅力がないのだろうか」と、当の女性のハートすら傷つけることになりかねません。
それにとどまらず、お互いの関係性の悪化、更に言えば、夫婦であれば離婚の危機にもなりかねません。
そして最後に早漏というコンプレックス。
上手くセックスまでこぎつけ、無事に合体できたとしても、男性には女性を満足させるという重要な役割があります。
挿入して適当にピストン運動し、自分だけ3分で昇天などという自分勝手なセックスは見っともないばかりか、その気になった女性に大きな不満を残すことになり、その後のベッドルームでの空気は冷め切ったものになることでしょう。
また、早漏はコンドームを使用している場合はまだ良いですが、生挿入している場合など、不意に中出ししてしまう危険もあります。
かくいう私も我慢強い方ではないので、早漏改善薬として有名なリドカインとタダポックスいうお薬を服用するようにしています。
リドカインはある種麻酔のような働きをするお薬でやや感度を抑えてくれます、タダポックスはバイアグラと同じ勃起薬なのですが、性的興奮を高めすぎない働きがあります。
え?それじゃ、自分が気持ちよくないって?何を仰います。
まずは相手を満足させることは男の義務です。
セックスはひとりでするものではないのですから。
自分勝手なセックスしてませんか?

早漏改善の薬はコチラ|お薬110番

このページの上へ