早漏が原因で起こる問題

ペニスを挿入してすぐに射精感がきてしまい射精してしまうことを早漏といいます。
早漏は男性の性の悩みであり非常にデリケートな問題でもあります。
かといって放置することは良くなく、最近では早漏が原因で、離婚や別居なんてことも起こっています。
それだけ、男女関係を構築する上で、セックスは大切なものということですね。
自分だけが悩んでいて困っていると思っている男性の方は多いようですが、実際の所、女性も男性の早漏に困り、いらだち、ストレスを感じています。
早漏改善をして行く上で、1人だけの問題ではないということを、男性はきちんと理解しなければいけません。
逆の立場でものを考えてみると、自分はイク事ができなくて相手ばかりが満足していたら、白けますし、セックスを満足にすることができなくストレスも溜まりますよね。
セックスはお互いが満足できなければ意味がありません。
そのためにもきちんと治療を始める必要があります。
パートナーにも話をしてきちんと理解を求める事も大切です。
副作用もなく、安心して使用していける軟膏薬のリドカインをご紹介します。
リドカインとは、ジェネリック医薬品で、先発薬は医療現場でも使われているキシロカインという部分麻酔の軟膏薬です。
使用方法は簡単で、セックスをする少し前にペニスに適量を塗り込むだけです。
塗り込むとペニスの感覚が次第に鈍くなり、挿入後すぐにきていた射精感が減退されます。
挿入後の感度はいつも通りとなっているので、その点お安心です。
使用上の注意として、塗り過ぎは遅漏の原因になるので、あくまでも自分にあった量を塗り込んで下さい。
また、コンドームを付けないで挿入してしまうと、女性にも効果がうつってしまい、一時的な不感症になってしまうので、きちんとコンドームの着用はしてください。
早漏改善の薬は、軟膏薬に限らず、もちろん錠剤タイプのダポキセチンという薬などもあります。
ダポキセチンはうつ病の方に処方されていた薬ですが、早漏の原因である脳の興奮を鎮める作用があり、転用され早漏の方にも使われる様になりました。
きちんとした効果は期待できるのですが、副作用があるので、気軽に飲むのは難しいかと思います。
下痢や発熱、めまいなどを伴う場合もあるので、注意が必要です。
きちんと使用上の注意を守って正しく使って下さい。

このページの上へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です